英進科

I類 II類

令和3年度入試

英進科 在籍75名

 
大学合格状況
 


令和2年度 大学合格実績はこちら

 

英進科は完全男女共学になりました

英進科 I類II類

 文星芸術大学附属高校は、英進科(Ⅰ類・Ⅱ類)のみ男女共学です。現1年生は75名、内Ⅰ類は男子9女子6の計15名。Ⅱ類は男子35女子25の計60名です。

 2021年度、英進科の国公立合格者は東大・京大・神戸大・北大などの難関国立10大学を含む35名でした。2年連続で東大・京大に現役で合格者を出したのは、県内の私立高校では、本校だけです。今年の卒業生は、Ⅰ類Ⅱ類の第2期生であり、はじめて女子募集(Ⅰ類のみ)を開始した記念すべき年でもあります。女子生徒のトップ層も、神戸大学や北海道大学など、難関国立大学に現役で合格を果たしています。
昨年度からⅡ類も女子募集を開始。英進科は、完全男女共学になりました。

 

 

難関大学"現役"合格を目指すハイレベルな環境

 

2001年に開設された英進科では、難関国公立・有名私立大学 の現役合格を目標に掲げハイレベルな授業を展開しています。 数制で 生徒一人ひとりの能力を最大限に引き出し、 より 高い ベル の夢の実現を目指します。 教師によるサポート体制も 充実し てい ます。
 

最高クラスの学習環境

 英進科では全ての中心を「授業」に置いています。「質の高い授業」こそ英進科の自慢です。また「進路指導は生き方指導」「大学合格はゴールではない」をモットーに徹底した進路学習を実践しています。400 字作文やディベートを通して、生徒の自主的な「気づき」を待つ中で学ぶ意欲を引き出します。少人数制のメリットを最大限に生かし、一人ひとりの学力や進路観に合わせた指導を展開しています。さらに18 時までの自主学習、21 時までの学校開放により、生徒が学習、相談、質問しやすい学習環境を整え、難関大学合格への道を切り拓きます。

「サポート体制」と「学習環境」の充実

1クラス20名程度の少人数で生徒一人ひとりの個性や学力を把握し、英進科スタッフの万全なサポートのもとで、きめ細かな指導にあたります。また、体系的な進路学習を通して学習意欲を引き出し自ら学ぶ力を高める進路指導システムを実践しています。

 

 豊富な「授業時間」の確保

平日 7 時間、週 35 時間の授業で難関国公立大学・有名私立大学の受験に対応しています。「授業中心主義」を掲げ、予習・授業・復習のサイクルで授業内容の完全定着を図ります。 毎週土曜日や長期休業日には教室や自習室を 生徒に開放し、自主学習を支援します。

 

 授業外「ディスカッション」

授業に関する疑問点などは放課後に設けら れた2時間の自主学習時間を活用し理解を 深めます。学校生活の悩みや家庭での過ご し方などの相談をすることもできます。生 徒自身が学びの楽しさを知ることで着実な 学力のステップアップを図ります。

I類

東大・京大・国立医学部をはじめとする最難関大学を志望する生徒の急増に合わせ、平成29年年度に新設されたのがI類です。県内トップクラスの優秀な生徒たちが集い、互いに刺激を受け、切磋琢磨することで、ハイレベルな授業内容を吸収していきます。

 

II類

国公立大学や難関私立大学(MARCH以上)合格を目標とするクラスです。習熟度別クラス編成で、生徒のレベルに合わせたわかりやすい授業が展開されます。I類の生徒を良きライバルとして、まずは学習の楽しさを実感することで実力を伸ばします。


受験体験記

卒業生の大学受験体験記

 

各教科の勉強法や注意点、
挫折しそうになった時の対
処法など、とっても参考に
なる貴重な情報が満載です